「ほっ」と。キャンペーン

ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

明日から12月  今年もあと1ヶ月なのですね。
寒くなってきましたし 乾燥もしてきました。

暖かい暖房のきいたお部屋にいるとお顔がばりばり・・・なんてことがありませんか?

乾燥したお肌には 植木鉢にお水をあげるように 浸み込んだらまたまた注ぐ、を繰り返すといいようです。

先日 NHKの「アインシュタインの眼」で コットンに化粧水をつけてパタパタと叩き込むようにつける方法と静かに押さえ込む方法で どちらが肌に水分が浸透しているかを検証していました。

結果はパタパタと叩き込んだ場合は ほとんど化粧水が肌に入らず 静かに押さえ込んだほうが水分が浸み込んでいました。しかも パタパタは肌に結構な負担をかけているようです。

テレビではコットンに含ませていましたが、たっぷりの化粧水を手にとりしずかに顔を包み込むようにするのもいいのではないかと思います。

そのような時に 惜しげもなくたっぷり化粧水をつけるために自分で作ってみてはいかがでしょう。




a0141062_122051.jpg



最初にご自分の手を綺麗に洗い、使う器具は消毒用アルコールで消毒しましょう。
ビーカーがなければ お料理用の計量カップでも大丈夫です。



a0141062_1245961.jpg



ビーカーにグリセリンを少量(小さじ半分ぐらい)を入れ ラベンダーアングスティフォリアを6滴加えます。
(初めての方は 精油を3滴ぐらいにしてみてもよいかと思います)

かき混ぜ棒でグリセリンに精油を溶かします。
(かき混ぜる棒は アロマテラピー専門店でも売っていますが スタ○に行ったときに コーヒー用のスティックを2,3本多めに頂いておくと便利です。(^_-)-☆なければ 竹串でOKです)


a0141062_12123358.jpg



精製水を30cc加えます。大匙2杯が30ccです。
これだけでも 十分 化粧水なのですが 冬なのでトロトロ感を出すために アルギン酸ナトリウムかキサンタンガムを加えます。



a0141062_1216538.jpg

a0141062_12174912.jpg





左がキサンタンガム、右がアルギン酸ナトリウムです。どちらも とろみをだすためのものです。
アロマテラピーの専門店、手作り化粧品のサイトなどで手に入ります。

私は だまになりにくいアルギン酸ナトリウムのほうが好きなので こちらを少量加えます。
(パウダーものを少量 とるのに ド○ールなどの かき混ぜ棒をちょっと 頂いておくと これまた便利です(^_-))


a0141062_1223376.jpg



かき混ぜ棒でよ~く混ぜてもよいのですが カプチーノ用の小さな電動の泡だて器で混ぜますと簡単に綺麗にとろみがでます。
100円ショップでも売ってますよね。


a0141062_1226438.jpg



出来上がりです。
最初の写真のブルーの遮光ビンに移しておしまいです。
使い終わった化粧品の容器を綺麗に洗って使ってもいいですね。



この化粧水を手にとってお顔につけると テレビのCMのように 肌と手のひらがピタッと密着して吸い付くような つけごこちです。その後はしっとり つるつる。
たっぷり作って たっぷりつけましょう。



すでにアロマの化粧品を作っていらっしゃる上級者の方は いろいろなオプションを加えてください。


a0141062_12345021.jpg



グリセリンに精油を溶かす代わりに ソルビライザーという精油分散剤を使ってもいいですし、精製水の代わりにハーブウォーターを使うとより さらに様々な効果が加わります。


今回は マイブームのセントジョーンズワートウォーターを使ってみました。

皮膚の修復に有効で 美白作用があり 肌を柔らかくみずみずしく保つことができるハーブウォーターです。

妊婦のかた、幼児、また抗不安薬剤を使用している場合は このハーブウォーターは使わないでください。


ハーブウォーターはもちろん ラベンダーウォーターでもローズウォーターでもお好みのものでOKです。



またヒアルロン酸、ビタミンE,ビタミンCなどのビタミン類を加えるのもいいですね。

精油もお好みのものをお選びください。

私はパルマローズ、ネロリ、サンダルウッドで作りました。



自分で作るととてもリーズナブルなお値段で作れます。

ローションパックをするのでも 安心してた~~ぷり使えのがいいですよね。




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。応援クリックして頂けると嬉しいです ↑
[PR]
by mille1007 | 2009-11-30 12:49 | aroma de きれい!

インフルエンザ対策

いつの時代も流行り病は人々を苦しめてきました。
今のような薬がない時代、人々は植物の力を借りて身を守っていました。


中世 ヨーロッパでペストが流行ったとき、教会などの多くの人が集まる場所には
床の上に ラベンダーやローズマリー、タイムなどのハーブを敷き詰め、人々が歩くたびに
香りがたって それによって感染が広まるのを予防していたそうです。


身分の高い方たちは 外出の際、ハーブの花束、タッジーマッジーを持ち歩き、身を守っていたそうです。



ペストで壊滅状態の村に 盗賊が入り 荒稼ぎをし、その後 捕まり どうして感染しなかったのか、と問われました。


盗賊たちは ローズマリー、タイム、ラベンダー、セージといったハーブを酢に漬け込み、それを全身にぬりまくっていたのです。

この盗賊の酢、の逸話は有名ですね。



また ラベンダー油を常時 使っていた なめし皮職人は ペストに感染しなかった、というお話もあります。




植物の芳香成分は 想像以上に 抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用があります。


今年の春 新型インフルエンザが流行り始めた頃 ドラッグストアからマスクが消え、消毒用のハンドジェルも売り切れ状態になりました。

その時にアロマを使ったハンドジェルを作りました。





電車のつり革や ドアノブなど 手に付いたウイルスが 鼻、口、目を通して体に侵入してくるということですが外出先などでは そう 頻繁に手を洗える状況でない場合もありますよね。

そうした時に このジェルを持っていると安心です。



一般的に 抗ウイルス作用のある精油というと ペパーミントやユーカリなどの酸化物の精油を思いうかべますが フェノール類、芳香族アルデヒド類の精油は 酸化物の精油の2倍 抗ウイルス力があります。



フェノール類の精油とは クローブ、オレガノ、タイム,芳香族アルデヒド類は シナモンカッシア です


インフルエンザ対策ハンドクリアジェル


材料



アロエジェル     大匙2
クローブ        2滴
タイム         2滴
シナモンカッシア   4滴
ペパーミント      5滴
ユーカリラディアタ   5滴
ローズマリー     8滴
パルマローザ     2滴
ラベンダー       4滴
消毒用アルコール   50cc
精製水         100cc
アルギン酸ナトリウム 適宜



作り方



① ビーカーにアロエジェルを入れる。
② ①に精油を加え よく混ぜる。
③ 20ccほどの 精製水を加え アルギン酸ナトリウムを入れ 好みのとろみをつける。
④ ポンプ式の容器に③を入れ、残りの精製水、消毒用アルコールを加え よく混ぜる。



a0141062_22532233.jpg





このハンドジェル 効果優先で香りはちょっときついです。


その後 日本アロマ環境協会のアロマテラピー学雑誌の論文に抗インフルエンザウイルス作用があるとして発表されていた精油のブレンドがあります。


それはユーカリ・ラディアタ、ティートリー、ローズウッド、ニアウリCT1,ラベンサラです。


こちらは爽やかな香りになります。


無水エタノールと精製水でスプレーを作り マスクにシュシュするのもよいでしょう。

無水エタノールに精油を溶かし 加湿器の水の中に入れておくと部屋全体がクリーンになります。
(加湿器の機種によってご注意ください)

私はハンドクリームを作り 外出する時の化粧ポーチに入れて外出先で手を洗うたびクリームをつけています。


今年は インフルエンザ対策で皆 石鹸で手をしっかり洗う回数が多いため 手あれでお悩みの方も多いそうです。
手の保湿を守るとともに 抗ウィルス作用があれば一石二鳥ですものね。



材料

精製水    7ml
ミツロウ    2.2g
シアバター  5g
ホホバオイル 15ml
ユーカリラディアタ  1滴
ティートリー      1滴
ローズウッド      1滴
ニアウリ        1滴
ラベンサラ       2滴

ビーカー        2個


作り方

① ビーカーにオイルを入れる。
② ①にミツロウ、シアバターを入れる。
③ 新たなビーカーに精製水を入れる。
④ ②と③を湯煎して ミツロウが溶けたら ②に③を少しずつ入れて攪拌する。
⑤ 粗熱がとれたら精油を加える。


ビーカーがなかったら耐熱の容器でも大丈夫です。




a0141062_2325245.jpg



シアバターはお土産で頂いたロクシタンのシアバターを使いました。




神戸のある学校の先生はアロマテラピーに興味があり 毎日 お教室でティートリーの香りを焚いていたそうです。
次々と学級閉鎖が続く中、その先生のクラスだけは感染者がいなかったとか・・・・


精油はお高いので全てをそろえることは大変です。

まずは ティートリー一本でも十分効果がありそうですね。





にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

    ↑
ご訪問ありがとうございます。応援クリックして頂けると嬉しいです
[PR]
by mille1007 | 2009-11-25 23:32 | aroma de 元気

入院中のハーブティー

入院するときのバッグにカモミールのティーバッグを2,3個お持ちになると便利です。
カモミールのハーブティーは 鎮静効果がありますので 寝る前に一杯 召し上がると精神的にもゆったりとし気持ちの良い眠りに入ることができます。

カップにティーバッグを一つ入れ 熱湯を注いで 3分ほどおきます。
できれば蓋付きのマグカップが望ましいですが 蓋がなければお皿などをかぶせ せっかくの有効成分が逃げないようにしてください。

こうして出来上がったハーブティーをゆっくりと召し上がり、ほんのちょっぴりだけ残しておきます。
冷めたこと 残りのハーブティーを手にとってローション代わりにお顔にぴたぴたとつけてみてください。

カモミールは保湿効果、消炎作用がありますので優れた化粧水となります。

飲んでよし、つけてよし、カモミールのティーバッグは優れものです。

旅行のときも同じこと、カモミールのティーバッグは何かと便利です。
駆風作用もあるのでお腹がはったときにも効果があります。



a0141062_18232272.jpg



 
a0141062_18481046.gif
 カモミールは一年草のジャーマンカモミールと多年草のローマンカモミールがあります。

一般的にハーブティーで頂くのは ジャーマンカモミールです。ローマンカモミールはちょっと 苦味があります。

フレッシュで頂くととても爽やかで美味しいのですが 薬効はドライのほうがあります。
アズレンという抗炎症作用のある成分は ドライにしたときにでてきます。
ティーバッグの絵のように 中央が盛り上がって 花びらが下向きになったとき 有効成分が一番含まれているそうです。

アロマテラピーで精油として使用するときは ジャーマンカモミールは香りがきついのでローマンカモミールを使用することが多いです。

尚 精油にはエストロゲン作用がありますが ハーブティーとしていただく場合の水溶性成分の中にエストロゲン作用はありません。




にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。応援クリックしていただけると嬉しいです ↑
[PR]
by mille1007 | 2009-11-24 18:55 | ピンクリボン

ラベンダーのお話

ラベンダーにはいくつかの種類があります。

メーカーによっては原産地でフランス産、ブルガリア産、タスマニア産となっているラベンダーもありますが 産地ではなくラベンダーの品種がいくつかあります。
区別するためには 学名でご覧になってください。

大きく分けると4つに分けられその効能も微妙に違ってきます。

Ⅰ Lavandula angustifolia 、Lavandula officinalis

ラベンダー・アングスティフォリア、ラベンダー・オフィキナリス、トゥルー ラベンダー、イングリッシュラベンダー、真性ラベンダー  と呼ばれているものです。

癒やしのラベンダーとも言われ 鎮静作用、鎮痛作用があります。
原液塗布が可能です。


Ⅱ Lavandula spica

ラベンダー・スピカ、スパニッシュラベンダー、スパイクラベンダーと呼ばれているものです。

抗毒作用、去痰作用、抗カタル作用、昆虫忌避作用があります。
風邪のとき、また 毒虫に刺された時に効果があるラベンダーです。

ケトン類が含まれているので 神経毒性があり 大量に長期間の使用は不可です。
原液塗布も不可です。


Ⅲ Lavandula burnatii super acetate

ラベンダー・スーパー、ラバンジン と呼ばれているものです。
ⅠとⅡのかけ合わせで 作用はⅠと同じです。
原液塗布が可能です。


Ⅳ Lavandula stoechas

ラベンダー・ストエカス、フレンチラベンダーと呼ばれているものです。

抗カタル作用、脂肪溶解作用、昆虫忌避作用があります。

ケトン類が含まれているので 神経毒性があり 大量に長期間の使用は不可です。
原液塗布も不可です。



一番初めに購入するラベンダーはⅠのラベンダーがお薦めです。

a0141062_12403430.gif



にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

    ↑
ご訪問ありがとうございます。応援クリックして頂けると嬉しいです
[PR]
by mille1007 | 2009-11-23 12:40 | アロマテラピーの基礎知識

入院が決まったら

告知をされて 乳がんとわかったら あとはもう敵をやつけるだけです。すぐに手術をするかもしれませんし術前の化学療法が始まるかもしれません。いずれにしても 入院をすることになるでしょう。
気持ちも沈みがちかもしれませんが お気に入りのパジャマや可愛いタオル、普段はなかなかゆっくり読めない小説などを旅行気分で用意してみるのもいいでしょう。
そして 精油もお荷物の中にしのばせておいてください。

お薦めの精油は ラベンダー・アングスティフォリアとペパーミント。
手術前夜や化学療法の前など 緊張も不安もピークでしょう。そのようなときは 前にも書きましたように 鎮静作用のあるラベンダー・アングスティフォリアが一本あると便利です。

精油は必ず希釈して用いるのがお約束ですが ラベンダー・アングスティフォリアは直接肌に塗ってもよいという例外の精油です。そのため ロールオンボトルに入って売られているものもあります。もし それが見つからなくても 専門店にはロールオンボトルが売られていますので ビンの精油を入れ替えてもいいです。

ラベンダー・アングスティフォリアは鎮痛作用もありますので 枕の違う病院のベッドで肩がこったり 首や頭が痛くなったときは 直接 肩や首、こめかみに塗ってください。
とても楽になるはずです。このような時は ロールオンボトルに入っていると便利です。

手術や化学療法で体が弱っている時、入院中に院内感染で菌をもらってしまっては元も子もないです。ペパーミントの精油で殺菌しましょう。飴やガム、歯磨き粉などの香り付けでおなじみのペパーミントは 抗菌、抗ウィルス、抗真菌作用があります。
入院前に時間があったらルームコロンを作っておきましょう。





抗菌、抗ウィルス作用のあるルームコロン

用意するもの



30ccのスプレー容器
無水エタノール    18ml
精製水         12ml
ペパーミント      12滴

作り方

① 容器に無水エタノールを入れる。
② ①にペパーミントの精油を入れる。
③ 精製水を入れて 蓋をしめ よく振る。


病室で自分の周りにシュシュとスプレーをすると爽やかな空間が広がるとともに 菌の繁殖を抑えます。
ベッド周りやトイレなど気になるところにスプレーをしてティッシュなどでふきとってもよいでしょう。

他にもお薦めの精油はあるのですが 病室は個室とは限らないので 他の方にご迷惑のかからないよう、ポピュラーな香りであるラベンダーとペパーミントをチョイスしました。

[PR]
by mille1007 | 2009-11-19 17:40 | ピンクリボン

告知されたら

乳がんは自分でチェックができ、自分から気づくことの多い病気です。
しこりかしら・・・と思い、病院を訪ね 検査をして その結果を聞く頃には だいぶ覚悟ができているとは言え、医師の口から 「残念ながら悪性のものでした・・・乳がんです」と言われたときは  心穏やかではいられません。その日 どうやって家まで帰ったきたかを覚えていないと言う方もあれば その場でパニックになってしまう方もあるでしょう。気丈に受け止めてみたものの 何日も眠れない日が続いてしまうこともあるでしょう。
そのような時は アロマテラピーの香りの力を借りましょう。


鼻から入った香りは 鼻の奥の嗅細胞を刺激し 大脳辺縁系へと伝わります。
大脳辺縁系に伝わった香りの情報は 生命中枢である視床下部に伝わります。
ここから 免疫系、自律神経系、内分泌系へと影響を与えます。

はりめたときに一杯のコーヒーの香りにほっとしたり タバコの匂いで頭が痛くなったりといった経験はどなたにでもあるでしょう。
このように 香りはダイレクトに脳に伝わるので 即 精神面に影響がでるのです。


告知を受けた時は 心に余裕がありません。もっとも簡単な方法でアロマテラピーを取り入れましょう。

ティッシュやハンカチに精油を3~5滴たらし 香りを吸う・・・それだけです。


お薦めの精油はラベンダー・アングスティフォリアです。
ラベンダー・アングスティフォリアの精油は 鎮痛作用、抗不安作用、神経バランス回復の作用があります。

ラベンダー・アングスティフォリアの精油は直接 肌に触れても問題のない精油なので 誤って 手についてしまっても慌てなくて大丈夫です。

病院に検査結果を聞きに行く前に ハンカチにこの精油をつけたものを持っていくといいかもしれません。

また眠れない夜には 枕元にラベンダーのついたハンカチをおいてみてください。

[PR]
by mille1007 | 2009-11-19 16:12 | ピンクリボン

アルガンオイル

砂漠が誕生するよりはるか昔の
8000万年前からモロッコ南西部に根を張り
先住民の生活を支えてきた生命力のあるアルガンの樹
現在ではサハラ砂漠の南端地域にしか存在しない
世界遺産にも指定されている樹です。
その樹の実100kgからわずか1kgしか搾油できない
貴重なオイルがアルガンオイルです。
       モロッコ王立農園のパンフレットより抜粋

アルガンオイルは食用としても使われますが アロマテラピーのキャリアオイルとしても使います。

オレイン酸、リノール酸、ビタミンEが豊富に含まれている優れたオイルですが 他のオイルには含まれていないトリテルペン類が含まれていることが特徴です。

このトリテルペン類はがん細胞の増殖を抑える作用があるそうです。
他にも 組織の再生、保護、傷の治癒、抗感染作用があると言われています。

また このオイル 水に溶けます。
手のひらに2プッシュほどして 化粧水(ローズウォーターでもハンガリーウォーターで)を適量のせ 指で混ぜると白く乳化してリッチな美容液になります。

水溶性なので クレンジングクリームを作ってもよいかとも思いましたが アルガンオイルは皮膚への浸透力がすぐれているので 汚れごと浸透してしまうので クレンジングには不向きなようです



a0141062_95942100.jpg


モロッコにしかないというアルガンの樹。

大自然の恵みで美しくなりたいものです。
[PR]
by mille1007 | 2009-11-17 10:02 | 耳寄り情報
先日 イギリス在住のお友達が 日本の友人からニールズヤードのフランキンセンスの保湿クリームがとても良いのだけれど 日本で買うとお高いので買ってほしいと言われたとおっしゃってました。
実際 彼女が買って使ってみるとなかなかの優れもの、とのこと。イギリスで買えば半額ぐらいで買えるそうです。

日本で買うと 50gで7000円ちかくするのです。

11月はじめに銀座プランタンでアロマテラピーフェアが開催されたとき ニールズヤードのコーナーに行ってどんなものか確かめようと思いました。

しかし 店員さんがおっしゃるには すでに完売!! 他のものとセットになったトライアルキットが最後の1つだけ 残っているとのコト・・・・今なら 限定 ネロリの美容液も付いてますと・・・・
最後の1つとか 限定とかに心動かされない女性っているでしょうか・・・・
もちろん 買いました。2100円なんだもの。

しかし・・・ 5000円以上 御買い上げの方には もれなく フランキンセンスローションもついてくる、と。

お友達と協力し合い 合計1万円になるようにして 2人で1本ずつ フランキンセンスローションをしっかり頂いて帰りました。


トライアルに入っていたフランキンセンスの保湿クリームもおまけのローションも確かに良さそうです。

↓にも書きましたようにフランキンセンスは波動の高い精油でもあり この精油で病気がよくなたというお話も聞いていたので お肌にも体にも心にもよいのならと しっかり活用するしかないですよね!!

一緒にお友達も 風邪をこじらせて抗ヒスタミン剤を飲んでいたら 肌が乾燥してがさがさになって困っていたところに そのローションをつけたら とっても良かったと喜んでいました。


ニールズヤードの定員さんがおっしゃっていました。

イギリスで世界中の有名ブランドの化粧品100種を集め 顔の半分だけそれぞれの製品を塗って3ヶ月ほどたったときの肌の状態を競う「ミラクルエイジングクリームブラインドテスト」で このフランキンセンスのクリームは3位をとったそうです。それ以来のベストセラー商品ですと。


そのときは ほぉ~~と感心して帰ってきたのですが 別のお友達から 「じゃ、一位はなんだったの?」と聞かれ 聞いてこなかったぁ~~と反省を致しました。


と 前置きが長くなりましたが ローションのうしろの 小さな小さな字で書かれている成分を目をしばしばさせながら読んで 似たよう~~な物を作りました。


材料

乳化ワックス 小さじ2
ホホバオイル 15ml
スィートアーモンドオイル 10ml
小麦胚芽油、セントジョーンズワートオィル 合わせて5ml
グリセリン  少々
ヒアルロン酸 少々
アルギン酸ナトリウム  少々
精製水  200ml
フランキンセンス  20滴
ミルラ          5滴
ネロリ          5滴
ローズ         5滴


作り方

① オイル類を計量し乳化ワックスと一緒に大きめのガラスの容器に入れる。
② 精製水を200ml計量する。
③ ①と②を湯煎する
④ ①の乳化ワックスが溶けたら精製水を少しずつ加え かき混ぜる。
⑤ 好みの濃度をアルギン酸ナトリウムでつける。
⑥ グリセリン、ヒアルロン酸を加える。
⑦ 粗熱がとれたら精油を加える。



a0141062_1225858.jpg



中央がおまけのフランキンセンスローション 右がトライアルの中の保湿クリーム。


自分で作ったこのローション、こ~~~んなにしっとりしちゃっていいの???というぐらい しっとりするのです。(自画自賛??)

本当はこのローションを作ったあと 保湿クリームを作る予定でしたが もうクリームなんていらないよぅ というぐらい しっとりしっとりするのです。


レシピの中のセントジョンーズワートオイル、ヒアルロン酸 ニールズヤードの成分の中には入っていませんでしたが 勝手に加えました。

セントジョンズワート(西洋オトギリソウ)は 夏以来 マイブームなので・・・・
ですので これがなくても 全然OKです。

寒くなって肌の乾燥が気になる季節となりました。

良かったらお試しください。
[PR]
by mille1007 | 2009-11-16 12:11 | aroma de きれい!

アロマ勉強会

昨日はナードアロマテラピー協会 アロマテラピーベイシックのハウスケアコースの講習に参加されたお友達を講師に向かえ 我家で勉強会を開催しました。

このアロマテラピーベイシックは 今までにフェイシャルスキンケアコース、ボディケアコースを受講しすでに講師の資格を頂いていて 今回で3つ目を修了することになります。

a0141062_1051121.jpg


a0141062_1055381.jpg


今回の内容は

お掃除パウダー   重曹で消臭剤やクレンザーになるお掃除パウダーです

クリーンスプレー   お掃除の仕上げ用に清々しい香りがただようスプレーです

ワックス     フローリングや木製家具、革製品などを磨くためのワックスです

虫除けキャンドル  ミツロウと精油で蚊の嫌う香りのキャンドルを作ります

園芸用アブラムシよけウォータースプレー  ハーブの力でアブラムシがこないように                                          ケアするスプレーです


以上の内容を一日で講習していただきました。



a0141062_115895.jpg




アロマ初心者への講習を目的としているものなので 内容的には皆様 すでにご存知のことばかりではありますが 基本に立ち返りお勉強することも大事だと思いました。(忘れていることって 多いので ^_^;)

また お集まりくださった方の中にはすでにインストラクター、セラピストの資格を持ち 講習会等で活躍していらっしゃる方もいらしたので 貴重な情報交換の場にもなり 有意義な時間となりました。




園芸用アブラムシよけウォータースプレーは 実際 山梨にあるナードの農園が使っている秘伝のレシピらしく 春のアブラムシシーズンで効果をためすのが楽しみです。



年末のお掃除 あまり気持ちが乗らなくてもアロマの香りで集中力が増し、またお掃除が終ったら癒やしの香りがする部屋になっている・・・・そ~~んな イメージで大掃除、がんばりたいと思います。(と 今は思っております・・・)
[PR]
by mille1007 | 2009-11-16 11:14 | dairy

精油の注意点



精油の中にはエストロゲン様作用をするものがあります。

乳がんの中には ホルモンレセプターがプラスでホルモン療法といって エストロゲンを抑える治療方法があります。薬によって脳にエストロゲンが分泌されないように指令をおくるのです。ですから 生理が止まり、強制的に更年期のような状態にしてしまいます。このような時に エストロゲン様作用のある精油を使っては治療の効果が期待できなくなってしまいます。


エストロゲン様作用のある精油で気をつけなくてはいけないのは

クラリセージ、フェンネル、ニアウリ、セージ、スターアニス、サイプレス、ジャーマンカモミールです。

わずかながらもエストロゲン作用のある精油としてはアトラスシダー、サンダルウッド、ジュニパー、ゼラニウム、ワイルドキャロット、ユーカリ、レモンバーベナ、パチュリ、ジャスミン、ネロリ、バジル、ナツメッグです。


また いくらアロマテラピーが良いと言われていても 化学療法中は匂いに敏感になるので 普段は好きな香りでも 鼻につくように感じることもあるでしょう。
そのようなときは 無理をせず 心地よいと感じる香りをご使用ください。
濃度も薄めで使用することをお勧めします。



また抗がん作用があるかも?と言われている精油もあります。マウスの実験での結果なので真偽はわかりませんが柚子、メイチャン(別名 リトセア、リッツェアクベバ)です。また フランキンセンスは キリストが誕生した際に東方の賢者がお祝いに持っていった乳香のことで 非常に波動が高い精油ということで これによって
病気がよくなったという話を耳にしました。

逆に発ガン作用があるのでは、という精油もあります。
フェンネル、アニスです。 これらの精油に含まれているフェノールメチルエーテルが大量に身体に入ると発ガン物質になるというデーターがあります。



以上の注意点に気をつけてアロマテラピーを楽しんで頂きたいと思います。


尚、アロマテラピーは自己責任において自分自身に行なうことが基本となっています。
[PR]
by mille1007 | 2009-11-14 19:31 | ピンクリボン