ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:dairy( 46 )

週末ダウン

ここのところ 寝るときはすぐにぐっすり眠れるのですが3~4時ごろ息苦しさで目が覚めてそこから朝までが熟睡できず困っています。

ベッドに座ってうとうとしてみたり リクライニングチェアに移ってみたり その日のよっていろいろ調整しています。

お昼間も寝られるときは寝ているので睡眠時間としては十分なのでしょうけれど 呼吸が楽な姿勢と
体にとって良い姿勢とは違うようで首、肩が痛くなってしまいます。

また 痩せておしりの肉がすっかりなくなり尾てい骨が飛び出してしっぽ状態になり座ると痛かったり また一日ほとんど座っているせいか 床づれではないですけれど皮膚がすれて痛かったりして座ること自体も工夫が必要。

と 本来の病状とは関係ない付随した色々なつまらないトラブルがでてくるものですね。


そんなこんなで週末はダウンしておりました。


今日は少し元気になりパソコンに向かう気力もでました。









今日もご訪問ありがとうございます。
応援クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-02-21 19:36 | dairy

介護保険&緩和ケア

先日 主人が区の地域包括支援センターというところへ行き 介護保険の申請をしてきてくれました。

40歳以上の被保険者で特定疾病の人は介護保険の対象になります。

介護保険の申請をしたので 再来週 区の職員が調査に来ます。
どの程度の介護が必要なのかを確認するわけですね。

私は 家事代行みたいなことを希望していたのですが 同居人(主人と二男)がいるとそれは無理みたいです。

親より先に 介護保険を受けるなんて情けないけれど 区民として使えるサービスを使わない手はありませんものね。


先月 主治医から緩和ケアやホスピスのことを考えておいてと言われ、すぐにカトリック系のホスピスに親しい神父様経由でお電話をしました。

まずは外来相談ということで予約をしましたが なんと4月中旬。
そこで認められたとしても 何百人待ちなのでしょうから いつになることやら。

通院している病院でも4月から緩和ケア病棟が新たにできるということで 電話相談をしました。

現状を話すと対象になるでしょうとのこと。(嬉しいような 悲しいような・・・)
3月になったら外来予約をするようにと言われました。


ホスピスとか緩和ケアというと終末医療のようなイメージがありますが 私は割り切って考えることにしました。


辛い症状が出た時 それを楽にしてくれる方法が乳腺外科や放射線科の範疇でないのなら 専門の緩和ケアでとりあえず楽にしてもらえばいいのだと。

実際 私の病院の緩和ケア病棟も 在宅で楽に暮らせる状態にしてお返しします、つらくなったらまた来てね、というコンセプトで行うようです。


いざ、という時のために準備さえしておけば安心ですものね。


相変わらず ちょっと動くと息が切れる状態ですが サチュレーションで調べると体の中の酸素は100%で十分 肺は機能してくれているようです。




先日の雪でレモンユーカリの木が折れてしまいました。



a0141062_10362725.jpg



可愛そうな状態です。


鉢底から根がでて実質 地植え状態だった大きなゴールドクレストも倒れてしまいました。


悲惨な庭の状態を見ながらも何もできないので 週末 主人に何とかしてもらわないと・・・・





今日もご訪問ありがとうございます。
応援クリックして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-02-17 10:42 | dairy

催眠療法

催眠療法に行ってきました。


最初は今までの病気の経緯などを私が話し そのあとで催眠療法とはなんなのかをお話くださいました。

とても 優しそうな先生でした。


催眠状態とは 意識がなくなるわけではなく はっきり覚醒している状態だそうです。
だから 質問に答えたくないときは 言わないし、仮に そこで逆立ちをしてください、なんていうバカげたことを言われても拒否する力はあるわけです。催眠療法中に地震が起これば ぱっと目を開けて逃げることもできるというのです。

催眠療法を受けた多くの方が 自分はきちんと催眠状態に入っていたのかと疑問に思うそうです。
普通に先生とお話しているのなんら変わらない状態だったと感じるそうです。


日常生活の中で 私たちは何度もこの催眠状態を経験しているそうです。

たとえば 車の運転。
習いたてのころは まず、キーをさして、まわして、ブレーキを踏んで、ギアチェンジをして・・・とその手順をいちいち頭で確認しながら行動しています。
でも 何年もたてば その一連の行動は意識もせず 無意識のうちに行っています。
出かける場所にしても いつものスーパーであれば 次の角を曲がって、車線はどっちで・・・なんて考えることもなく自然と運転していけます。

この状態が催眠状態だそうです。

また 悲しい映画やドラマを見たとき これは作り物で 役者が演じている虚構の世界であることはわかっていても 涙がでる・・・これは 顕在意識より潜在意識が優位になっている状態で 潜在意識の中の 何かに触れて 涙がでるといったことが起こるそうで、 この状態も催眠状態なのですって。


私たちの意識は 潜在意識と顕在意識に分かれていますが 顕在意識は氷山の浮き上がっている一部でその下には9倍もの大きさをしめる潜在意識があります。

日常 顕在意識と潜在意識のどちらかが優位になるように 揺れているそうで 潜在意識がが優位になった状態が催眠状態ということだそうです。


催眠状態に入っていくのには イメージが大事だそうで はじめは催眠ごっこのつもりでもいいので
質問に対して出てきた場面が たとえ最近みた映画の一シーンであっても そこからイメージを膨らませていけるのでそのまま お話していってくださいとのことでした。


催眠中は 副交感神経が優位になるので お腹がグーグーなることがありますが 恥ずかしいなどと思わず それは良い催眠状態に入っていると思い 気にしないように、また途中でトイレに行きたくなったら それも遠慮せず行ってくださいとのことでした。



トイレを済ませ リクライニングチェアにゆったり座り お部屋を暗くしていよいよ始まりました。


長い廊下を歩いていきます。正面にはエレベーターがあります。それに乗ってください。
ここは20階です。エレベーターはゆっくり下に降りていきます。19階、18階、・・・降りていくたびに体が軽くなり リラックスした気持ちになります。10階、9階、・・・体はますますリラックスしてとても軽くなります・・・・


といった導入で催眠状態に入って行きました。


そして前世の世界に行きます。
オールカラーで 映像が見えてきます。
そこの場所がどこで 西暦何年かぐらいかという質問にもなぜか すらすら答えられます。
私が見えたのは 少女の映像。そして その少女の家に行きましょうと 誘導されます。

どんな家でどんなドアか ドアを開けるとどんな部屋か・・・不思議なことに具体的に色、質感などもリアルに感じられるのです。


家族構成や 少女が母親をどう感じているか、父親をどう感じているか、また逆に母親は少女にどのようにそだってほしいと思っているか、父親は少女のことをどのように評価しているか、などの質問がありました。


そして3つ数えると その人の人生の大事な場面ワープします、と言われ、1,2,3で結婚式直前の映像が見えてきました。


どこでどんな結婚式を挙げ 相手はどんな人か どんな気持ちか などの質問がゆっくりされていきます。


そして もう一度 その先の大事な場面にワープしていきます。人生晩年の頃にワープしました。 夫を見取り その後自分も亡くなります。


なんの変哲もない ごく当たり前の地味な人生を歩んだその女性の話を私は淡々と話していました。
親近感も覚えないし 他人事のように話していたのです。

そして 先生が その方の魂の横に 行ってください、とおっしゃったので 私は行きました。


すると 不思議なことに涙がぽろぽろ とめどなくあふれてくるのです。
なぜか とても暖かいものも感じました。


悲しいわけでもない、嬉しいわけでもない、感動したわけでもないのに 涙が止まらないのです。


そして その方からメッセージを頂きます。


その後 あなたの守護霊とかマスターといった存在に会いたいかと聞かれ 会いたいと言いました。


現れたのは黄色の光に包まれた 白い天使でした。

あれ~~天使? もっと上の存在に会いたかったのに・・・などと不遜にもそのように思いました。

そして その天使からもメッセージを頂きました。


その後 亡くなった方で会いたい方はいますか?と言われ 父、祖母、義父と順番に会っていきました。

その時も涙がでました。



そして 自分の体の中を見てみたいと思いますか?と聞かれ ミクロの世界のように小さくなって体の中に入っていきました。


ガンのところにいきました。

赤黒くただれていて 湿っぽく感じました。

冷たい感じが伝わってきました。


その冷たさはどんな冷たさですか?と 言われ 裸足で歩いているような冷たさだと答えました。

裸足の冷たさはどんなとき感じましたか?と言われ 幼いころのある出来事が思い出されました。


そこでインナーチャイルドの癒しも体験し またガンの所に戻ってきたら 赤黒かったガンが綺麗なピンクに変わっていました。


そのピンクのガンの中に入っていき ガンからのメッセージももらいました。


あなたはピンクのガンに消えてほしい、小さくなってほしいと思いますか? と言われ こんなに綺麗なピンクならそのままでもいい、と答えました。
(主人はそこで なんで消えてほしいと言わなかったの?とこだわっていましたが 綺麗なピンクの正常細胞になったように感じたので そのままでいいと答えたのでした)




それでは そろそろ戻りましょうと現実の世界にもどってきました。

たっぷり寝たあとのような気持ちよさで目が覚めます、と言われパっと目を開きました。

そのとたん また涙があふれてきます。


先生に伺ったら 浄化の涙だそうです。



どれぐらいの時間催眠状態になっていたと思いますか?と 聞かれ1時間弱ぐらいでしょうか、とお答えしたのですが たっぷり2時間はたっていました。




今回 私が催眠中に頂いたメッセージは

無理をしないで・・・・
あなたらしく自分のために生きて・・・
がんばらないで・・・
ありのままでいい・・・

といった内容でした。



実はこのメッセージ 私的には あまりピンとこないのです。

無理もしていないし がんばってもいない、家族にも結構わがまま言って好きなようにしている、と
自分では思うのです。


姑が生きていたころは 確かに無理もし 我慢もし 自分を押し殺していたこともありました。

でも今はそういう ストレスもないのです。



友人に話すと 貴女は十分頑張っているわよ、と言われました。


確かに今 気合を入れて生きていこうと思わないとマイナス思考に押し流されてしまうのでそういった意味では 頑張っているのかもしれません。


でも まわりを見ると お仕事に頑張っている方、親の介護に頑張っている方、嫁として姑、舅に尽くしている方、など 私以上に頑張っている方は たくさんいると思うのです。


肩にあまり力を入れず ありのままに自然体に 無理せず ふにゃ~~と生きていけばよいということでしょうか。


そして 先生からは ピンクのガンを癒してあげること、またインナーチャイルドが寂しそうだったら一緒に遊んであげること、といったワークをするように言われました。

何か小さなぬいぐるみか人形のようなものを 自分のインナーチャイルドだと思ってそばに置き、話かけてあげるのもよいことだと教わりました。


実は このインナーチャイルドの癒しは 別の方のセッションでずっと私のテーマとなっていたことだったのですが 今一つ 方法がわからずに ずっと保留になっていたことでした。

今回 その方法が分かっただけでもとても有意義でした。



今後 どのような変化が起こってくるのか楽しみでもあります。


今日も長いお話にお付き合いくださってありがとうございました。




応援クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-02-12 11:20 | dairy

逆転の発想


多くの方からコメントやメールを頂き、本当にありがとうございます。
皆さまからの応援が何より 心強いです。

私は今まで抗がん剤の点滴をするときも 放射線をするときも 憎っくきガン子を一網打尽にやっつけるイメージをもってやっていました。

今、体の中にいる超しぶといガン子たちにはおまえらをみ~~んなやっつけてやる!!なんていきがっても とても太刀打ちできそうにないので 歩み寄り作戦に変えました。

あなたたちは どんな抗がん剤にも放射線にも負けず今まで生き抜いて仲間を増やして本当に立派!!偉い!! 強い!! でもあなた方があんまり仲間を増やしてがんばると私、死んじゃうの。
私が死んじゃったらあなたたちも死んじゃうのよ。せっかく今まで生き抜いてきたのだから死にたくないでしょ?だったら もう少し小さくなって 共に生きようじゃないの、と話かけました。


すると今体の中にいるガン子たちのイメージが出てきたのです。

ドラマ、ルーキーズやゴクセン、今やっている美咲NO1みたいな どう~~しようもないぐれてすさんだ高校生のイメージが。


ガンという病気はウイルスや細菌が体の外から入ってきてなる病気ではなく 自分から作った細胞によってなる病気、だから 自分でいかようにもできるのよ、と以前 スピリチュアル系の方に言われたことがあります。


私自身が作った正常細胞とはちょっと違ったガン細胞。見た目が違うからといって おまえたちは悪者だ、おまえたちは存在する価値がない、おまえたちなんて追い出してやる、とばかり今まで攻撃しまくってきたのです。


理解されず、愛されず叩きのめされてきたガン子たちの最後のうったえなのかもしれないと思いました。


そこで 今まであなた方を一度も理解しようともせず一方的に攻撃したことを詫びて、気づかせてくれたことに感謝をして そしてこれからはあなた方を愛するという方向に変えました。


ハワイのホ・オポノポノは4つの言葉 ありがとう、愛しています、ごめんなさい、許してください、 これを呪文のように心の中で繰り返すことでマイナスの想いが消去されるという理論ですがまさにそれだ、と思いました。



今までとは逆転の発想ですが どう思う?と何人かのお友達に聞いたら それは素晴らしいと思う!!うまくいくと思う!!と言ってくださいました。


でも もし放射線治療をすることになったら だまし討ちするの? と鋭い一言も。
その時は 屁理屈を考えることにしましょう。


ルーキーズにしても ゴクセンにしても そう簡単に生徒たちは心を開いてくれませんでした。
でも 先生は諦めず、常に彼らのことを信じ、愛した結果 強い信頼関係ができたのですものね。
私も 粘り強くガン子たちに話しかけ 歩み寄ってみようと思います。












今日もご訪問ありがとうございます。
応援クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-02-06 12:25 | dairy

ご心配おかけしてます

皆様にはいろいろとご心配をおかけしております。



1月19日にCTを撮りました。

その結果を翌週 聞きに行きました。

ここの所の体調不良を考えても思わしくない結果であろうと予測はしておりましたが
実際は予想を超える悪い結果でした。

今までは比較的穏やかな進行であったガンがここにきて急速に進行、悪化しているという所見でした。


これからの時間をどのように使うか・・・何としても治療をしたいというのであれば
それもよし、また緩和ケア的な方法に変えるということもあり、とお話でした。

普段だったら 「先生、何言ってるんですか!これからが先生の腕の見せ所でしょ?」ぐらい言えちゃうのですが その日はさすがに言えなかった。

いずれにしても現状をご家族の方にもお話しなくてはならないのでご主人といらしてください、と
言われました。


ちょうどその日 同じ病院にお友達が抗がん剤治療のため短期入院をなさっていたので彼女の部屋に
駆け込みました。

「CTの結果 どうだった?」という優しい彼女の言葉を聞いたとたん、我慢していた涙があふれてきました。

一通り主治医い言われたことをお話をして聞いて頂きました。


しっかりとした知識に裏付けされている彼女のサジェッションは的確で 「まだまだ
大丈夫!! 仕切り直しでいくらでも方法はあるわよ!!」との言葉に励まさせれ、気持ちを立て直すことができました。


家に帰ってからキャロリンさんからも電話を頂き、やはり涙声で報告しました。
彼女も前向きで いろいろな方法があるから大丈夫よ、と心強い励ましをいただきました。



そして昨日 主人と次男と3人で主治医の元に行って参りました。


乳がんのリンパ節への転移は ほかの臓器と違い 命に係わる転移ではないので今まで元気にしてきたけれど 今回のリンパの場所が如何せん悪い、と。

気管、食道の周りのリンパが首から胸の奥まで腫れていて 気管、食道を圧迫、浸潤している。

息苦しく、食が細くなったのもそのせいであろう。


また 胸の縦隔の中に点々とあったガンがそれぞれ育って一塊になっている。


ガンも最初は無防備だから 抗がん剤を与えることによってほどんどやっつけられる。
でも その中でもしぶといガンが少し生き残っていて いずれそいつがまた大きくなってくる。
そして 次の抗がん剤でまたやっつけるのだけれど やはりしぶといヤツが生き残る。
それを繰り返してきたわけで 今 いるガンはほとんどの薬に耐性をもった超しぶといヤツで
私に残された抗がん剤 アブラキサンでもエンドキサンでもたぶんやっつけられないであろう。

アブラキサンはタキソ系だけれど いままでより濃度を濃く保ったまま体の中にいるように改良されたもので副作用が大きい。

骨髄抑制で 今 少ない白血球がさらに下がると自分の免疫力が下がり そちらのほうで命に係わる結果になりかねないと。

エンドキサンは飲み薬で やはり点滴に比べれば穏やかな作用なのであまり期待はできないであろう。


で 先週から最後のホルモン剤 ヒスロンを飲むことにした。


放射線科の先生と相談した結果 放射線ができないわけではないと。

今現在 一番ベストな治療は 放射線とヒスロンであろう。



そして 今から緩和ケア病棟、ホスピスについても調べておいてくださいと言われました。

症状がつらくなって そちらに行きたいと思ってもすぐにいけるわけではないので今のうちに調べておくようにと。


私の通院している病院でも春には緩和病棟ができる予定なのでその予約がいつから始まるのか医療相談のところで聞くようにと言われました。



主治医は頼めば漢方でもなんでもお薬の処方箋を書いてくださるので 鼻がちょっとでもつまるとさらに息苦しいから点鼻薬がほしい、と言ったら 鼻のほうは一度 耳鼻咽喉科でみてもらったほうがいいと言われ、すぐに電話して受診できるようにしてくださいました。


そこで予定外の耳鼻咽喉科の診察に。


大人になってから耳鼻科にかかったことはない、とお話したらぜ~~んぶ調べましょ、と喉から耳からエコーもとって レントゲンも撮ってということになり かなり時間がかかりました。


結果 鼻も喉も異常なし。そして CTを見る限り 十分に気道は確保されていて息苦しい原因が耳鼻咽喉科的にはわからうない、というご意見でした。


ただ 右の声帯は麻痺しているので 声がかすれたり出づらくなっているけれど それは大した問題ではないとのことでした。


主治医の話では いまにも気管が細くなって窒息、食道が細くなって食事がとらなくなる事態が訪れるような話だったのに あれ~~~??? でした。


点鼻薬 花粉症用の薬をたっぷり処方してもらいました。


その結果をふまえて 今度は放射線科へ。


耳鼻咽喉科のお話をすると その先生の意見は正しいと思うと。
夏にとったCTと比べても 多少 細くなっているようにもみえるけれど呼吸の状態で映り方も違うのでそれほど大差はない。

むしろ息苦しいのは心臓の周りにもガンがいて心臓を圧迫し 水も溜まっているようだから心臓が十分に動けなく 必死に小刻みに動いているのが原因かもしれないと。


だからいつも脈拍が112ぐらいあるのよね。

軽く運動した後ぐらいの脈拍だから はぁはぁするのも当然なのでしょう。


放射線をすることは可能ではあるけれど ヒスロンの働きをもう少し見てみたいと。

それで少しでも小さくなったときに 敵をが~~んとやっつけるほうがいいと思うと。

ただ ヒスロンの効果が現れず さらに悪い状況になればすぐにでも放射線をしましょうと。



その時点でもう4時半ごろ。11時に病院にきて 飲まず食わずでその時間。

さすがの私もお腹がすいた!!と感じました。

その後 医療相談に行って介護保険についてお話を聞きました。

40歳すぎていて 主治医が末期がんであると(実際末期がんでなくても)診断してくれれば
申請できるそうです。


呼吸器障害者として 障害者と認められるには常時 酸素ボンベを使用していなければならない状態の人でないと無理だそうです。


なので とりあえず介護保険の適応になるよう申請することを勧められました。


そして 都内の緩和ケア病棟を備えた病院、ホスピスの一覧表もいただきましたが 思っていたより数が少なく さらにそれぞれ20~25床ぐらいなので これじゃ 今すぐ予約しても何年先~~?みたいな状況です。



というわけで病院をでたのが5時過ぎ。


気がはっていたいたので何とかやり過ごせましたが さすがに疲労困憊。

主治医が 「絶対無理しないでくださいね」とおっしゃたので「無理をしたくても無理でませ~~ん」と言ったのですが 十分 無理しました。



待ち時間が長く病院になれてない主人と次男はことさら 疲れたことでしょう。




今の私の現状

超スローテンポでしか歩けない。

階段を登るとか お風呂にはいる、とかの後は息切れがしてしばらく呼吸を整えないと次の動作にはいれない。

お食事がたくさん頂けない。1か月に1~2キロのペースで体重が減少。(ダイエットを試みていたころにはどうやったって落ちなかったのに!!) 40キロ切るのも時間の問題だけれど 何とか30キロ代にはならないよう頑張る。


大きな声が出にくい。小鳥のようにささやくように言うと 必ず主人が「えっ??」と聞きかえす。それが何ともうっとおしい。

右側のリンパが特に腫れているので 右手がいつも冷たい。
右腕がだるかったり 肩、背中が痛くなる。
だれかにさすってもらいたくなる。



そんな状態であります。



ご心配くださっている皆様 本当にありがとうございます。


まだまだ気力で何度目かの奇跡を起こしますので見守ってくださいませ。











今日もご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-02-02 17:19 | dairy

息子のお料理

29日 土曜日は素敵にアロマテラピーの講習会でした。

多くの方がご参加くださり 和やかなムードで素敵な会になりました。

ここの所の体調不良で参加できるかどうか懸念しておりましたが 仲間に助けられながら何とか最後まで皆様とご一緒できて ホッとしております。

土曜日は気がはっていたせいもあって元気だったのですが 翌日はさすがに疲れていました。


買い物に行く気力もなく 今晩のご飯どうしよう・・・・と思っていたときに
息子から電話。

勉強会が終わって今 後楽園駅にいる、というので 「成城〇井でなにか適当にお惣菜系買ってきて」と頼みました。


が ケチな息子 「成城〇井は高いからな~~いいよ、僕何か作るよ」と。


家の冷蔵庫にある材料で彼が作ってくれたのは


a0141062_1141448.jpg



大根と塩辛の炒め物。
大根をバターで炒め 最後にイカの塩辛で味付けしたもの。




a0141062_1154011.jpg



えのきだけの梅肉和え




a0141062_1161654.jpg



玉ねぎに切り目をいれて 電子レンジでチンし おかかとポン酢でいただくもの




a0141062_117447.jpg



肉じゃが




肉じゃがは多少 作り方を指示しましたが あとのお料理はすべて彼のレパートリーのもの。
どれも 美味しくて感激。



a0141062_1182763.jpg



こちらはご近所のお友達が届けてくださった具だくさんの豚汁。





その前の週の日曜日にはキャロリンさんが有名な商店街のおでんをたくさんと届けてくださいました。


家族やお友達に支えられて美味しいお食事頂けて幸せです。







今日もご訪問ありがとうございました。
応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-01-31 11:13 | dairy

チョコレートボックス

今月のお料理教室はバレンタインデーに向けてチョコレートの講習でした。


チョコを扱うから暖房ができないので暖かい恰好でいらしてね、と先生。

皆様 しっかり着込んでカイロを貼っての参加です。



クーベルチュールとはカカオ分40%以上のチョコレート。


このチョコをテンパリングといって温度調整をして溶かしていきます。

まずは34度以上の温度にして溶かし、今度のは27度以下にまで下げる、そしてもう一度30~33度になるまで加熱、もし 34度以上になってしまったら最初からやり直し・・・・


この微妙な温度管理 気を使います・・・・


そのチョコを薄く板状に伸ばし 固まってから型紙に沿ってカットし チョコレートボックスを作るのですが これが思っていたのより難しい・・・・

チョコをカットする際 割れてしまうのです。



何とか できあがった作品たち。



a0141062_855121.jpg



これだけ苦労して作った割には小学生の工作みたいよね・・・・と皆様 出来上がりに少々不満。


そして中に入れるチョコも作りました。

トリュフ オ フレーズ&フランボワーズ、オランジェット、マンディアン、それぞれに美味しくて大満足。




a0141062_811445.jpg





手作りチョコがこれほど大変とは思いませんでした。


皆様 バレンタインデーに向けて作る気まんまんで材料をお買い上げになっていらっしゃいましたが
毎日のお食事すら ろくに作る気力がない私には チョコまでは無理・・・・


自分で作ってみて 高級チョコがお高い理由が納得できました~~







今日もご訪問ありがとうございます。

応援クリックしていただけたら嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-01-26 08:19 | dairy

福袋


毎年 お正月になると福袋の燃える私ですが 今年は自重しました。

物をふやしてはいけない!! 片づけてシンプルな生活を心がける、と心に誓ったのです。

でも 買っちゃいましたけれど・・・・

一つは大好きな雑貨屋さんの福袋。

これにはピンクの薔薇のテーブルクロス、ピンクの薔薇柄ハート形クッション、エプロン、スリッパ、カード入れ、ポーチ、ティーコージー、バッグ、などなどが入っていてなかなか充実してました。


これは 量り売りのお酢、オイル屋さんの福袋


a0141062_19102951.jpg



Exvオリーブオイル トリュフ
Exvオリーブオイル ピオカノ
ゆず梅酒
バルサミウビネガー アップルオーク
焼酎デーツ
有機醤油
胡麻油

のセットで3000円。
かなりのお買い得です。



そして テレビを見ていたらジャパネットたかたの初売り 家電福袋なるものが・・・・


象印のプラチナ釜炊飯器とティファールのスチーマーのセット。
古い炊飯器は一万円で下取りもしてくれるとか・・・・・


実は 炊飯器が壊れて 息子が京都で使っていたフツーの炊飯器でご飯を炊いていました。

玄米が美味しく炊ける炊飯器がほしいな~~とかねがね 思っていたのです。

昨日までは 炊飯器だけで39800円で売っていたけれど 今日は初売り、ティファールがつく、というたかたさんの言葉に負けてしまいました。
そして 下取りのある場合は そこから一万円引き。 なんと 魅力的なことでしょう・・・・

というわけで 買いました。まだ 届かないけれど。。。。

ティファールのスチーマーは三段になっていて お野菜も肉も魚も一度に蒸せるとのこと、レシピ本も2冊ついてくるって。


これからは毎日 蒸し料理だわ。^^





今日もご訪問ありがとうございます。

応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-01-07 19:24 | dairy
a0141062_17424553.jpg







穏やかな年明けとなりました。

皆様 どのようなお正月をお過ごしでしょうか?

昨年中は こちらのブログに多くの方がいらして応援していただき、誠にありがとうございました。

どうぞ 今年もよろしくお願い申し上げます。



お節料理は手抜きもいいところで 作ったのはおなますと錦卵とお雑煮ぐらい・・・

そして 元旦は主人のお誕生日でもあるので 一日早い ガレット デ ロアでお祝いしました。



a0141062_1745891.jpg



ガレット デ ロアとはキリスト公現の祝日(エピファニー)に頂くフランスの伝統菓子です。
パイの中身はアーモンドクリーム。
そして フェーブと呼ばれる小さな陶器がお菓子の中に入っています。
切り分けて フェーブが入っていた人が当たり、王冠をかぶってその日一日
王様、王女様になって祝福されます。


中に入っていたフェーブは車、運よく主人の所に入って 王冠をかぶりました^^


今年はちょっと早く 今日2日がキリスト公現の祝日です。


家族4人で教会に行って初詣をかねて お祝いをして参りました。



子供が幼稚園の頃 聖劇をしておりましたが キリストが生まれた瞬間 東方から3人の賢者が
やってきてお祝いに黄金、没薬、乳香をお捧げするという ストーリーでした。

しかし 実際はキリストがお生まれになって2週間ほどしてから賢者がお祝いに行っていたわけなのですね。


ご存じの通り 没薬はミルラ、乳香はフランキンセンスとしてアロマテラピーで用いられています。

どちらもカンラン科の植物の樹脂からとった精油です。


とても神秘的な香りがします。

黄金に匹敵するぐらい貴重な香料である没薬、乳香  マリア様とヨゼフ様はどのように使ったのでしょうね。
香りを焚いて薫香として使われたのでしょうか。


昔は神様への捧げものとして香りを焚きました。
天に昇っていく煙をお捧げしていたのでしょう。

煙によって・・・ 煙を通して・・・・古典ラテン語ではper fumum。

これがperfume、香水の語源と言われています。



古代から脈々と使われてきた植物の香り・・・


今年もよりアロマテラピーを深く研究していきたいと思っております。


どうぞ よろしくお願い申し上げます。







今日もご訪問ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-01-02 18:14 | dairy

親子のあり方

お友達の息子さん

アパートの一人暮らしから久しぶりに帰ってきて 風邪ぎみだったので ネギやニンニクなどのお料理を食べて、とすすめたら「うるせぇんだよ、だから一緒に飯食うの いやなんだ」と。

23歳にもなってこんなこと言うのよ!! たかがネギすすめただけなのに・・・と彼女。

母親の祈りは息子に届かないのでしょうか。。。。



お友達のお知り合いの息子さん

何を言っても「うるせぃんだよ、くそばばぁ」と反抗しまくっていたのに今は資格を取って
父親の会社に入り 父を助け見違えるようないい息子さんになったそうな。


我が家の息子も同じような時期がありました。

思い出すのも嫌なほどの数々の出来事がありました。

その息子たちも 社会人。

社会の荒波にもまれて いかに自分が甘かったか 実感しているようです。
彼らなりに 少しずつ成長しているのでしょう。


この前の日曜日のミサのときの 聖書の言葉、これが 親子関係をみごとにピタっとまとめているのです。


キリスト誕生前の旧約聖書の言葉です。



シラ書

主は子に対する権威を父に授け
子が母の判断に従う義務を定めておられる。
父をと尊べば お前にの罪は償われ
同じく 母を敬えば 富を蓄える。
父を尊べば いつの日か 子供たちがお前を幸せにしてくれる。

主は必ず 祈りを聞き入れてくださる。
父を敬うものは 長寿に恵まれ
主に従うものは 母を安心させる。

子よ 年老いた父親の面倒を見よ。
生きている間 彼を悲しませてはならない。
たとえ彼の物覚えが鈍くなっても 思いやりの気持ちを持て。
自分が活力にあふれているからといって 彼を軽蔑してはならない。

主は父親に対するお前の心遣いを忘れず
罪を取り消し お前をさらに高めてくださる。



こらが紀元前200年ころに書かれたとは驚きです。

これだけの短い文章の中に親に対する考え方がすべて凝縮されているように思います。
拡大コピーして 息子の部屋に貼りたいぐらいです。^^



今日 これから長男が(たぶん たくさんの洗濯物とともに)帰ってきます。
今晩は飲み会、明日はゴルフだそうです。

次男はカウントダウンライブとかで昨日から家にいません。(明日の夜中 帰るそうです・・)


でも 31日、1日は家族で大晦日と新年を迎えられそうです。

今年は大掃除もお節作りも最小限にして ゆっくりと年の瀬を過ごすつもりです。





今日もご訪問ありがとうございます。

応援クリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2010-12-29 11:21 | dairy