「ほっ」と。キャンペーン

ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:未分類( 14 )

退院

緩和ケア病棟に入院して一ヶ月近くになりました。先日 先生とのお話し合いで今むくみもとれて体調もいいのでいったん退院をしてみることをすすめられました。ウィークデ−、ヘルパーさんや家政婦さん、訪問看護師さんに支えてもらい生活したほうが週末の外泊を繰り返すより楽だと思うとおっしゃっるのです。確かに土日だと主人が一人であたふたし 見ているだけでイライラもし(わりぃ)気の毒でもあるのです。今週末金曜日から日曜日まで帰り来月7日には退院予定です。5日の午後に緩和ケアの先生、看護師さん、訪問看護師さん、介護保険のケアマネと私とで家で過ごすための注意点などの話し合いをすることになっています。
ここにいると楽ではありますが歩かないので脚力が衰えてくるのは確かなのです。病人としてパジャマを着てここにいるより 普通の洋服で家にいたほうが貴女らしい生活のはず と言う先生の言葉に背中を押されて 頑張ってみようかという気持ちになれました。
[PR]
by mille1007 | 2011-06-29 11:44

今週末

今週末は明日 金曜日から日曜日まで家に戻るつもりです。

緩和ケア病棟の先生から今までの外泊は家で過ごせるかお試しだったけれど 結果疲れて病院に戻ってくることもあった。どのようにすれば疲れないのか また今後どのような生活が私にとってベストなのかそんなことを考えてみて と言われました。

ヘルパーさんや家政婦さんを上手に使って上手く軌道にのれば良いのでしょうがそこまで使いこなすのが果たしてすんなりいくものかしらね。

家族や自分のために考えないといけませんね。

家庭の主婦って大変な仕事だと思います。今まで何気なく30年近くやってきたわけですが 自分が動けなくなって つくづくよくやっていたな〜と思いました。

皆様 胸をはって ご自分を褒めあげてね。すごいことだと思います!!
[PR]
by mille1007 | 2011-06-23 14:54

七夕

a0141062_18112631.jpg

昨日の夜 病院に戻りました。家に帰るとほっとするし良いのですが やはり疲れることも確かです。病院にいれば トイレも洗面所もお風呂も冷蔵庫も数歩けばことたりるし お食事の心配もないし 楽なのです。6月中には退院して家に戻ろうかと思ったけれど 別宅キープで週末だけのほうが良さそうです。

今日は写真の向き 大丈夫かしら?ボランティアさんたちが七夕飾りを作って各部屋に持ってきてくださいました。短冊にお願い事を書きました。

皆様に心配をおかけすることなく元気になれますように!!


素敵な本が早く出版できますように!!

と2枚に書きました。

先日 お友達からプラネタリウムのライトをいただきました。夜 部屋を暗くしてそれをつけると 天井から壁一面が星空になります。

七夕飾りもあるし 星に願いをかけてみます。
[PR]
by mille1007 | 2011-06-21 18:11

今週末も本宅で

今回も土曜日の午前中から月曜日の夜まで自宅に帰る予定です。今週の月曜日も早めに戻るつもりにしていましたが 出掛けに息苦しくなったりで落ち着くのを待って帰りました。ご連絡が悪く 3組ものお友達がいらして下さって大変申し訳ないことをしました。 別宅にいると吸引もお願いできますし その器具の洗浄 消毒もなく 座って待っていれば上げ膳据え膳 これは楽です。

午後はお友達がいらして下さってティーサロンでおしゃべりしたり マッサージをしてくださるのでお楽しみタイムです。

マッサージといえば緩和ケア病棟にアロマテラピーのトリートメントを専門的にお勉強なさった看護師さんがいらして先日 背中をオイルマッサージして頂きました。グレープシードオイルにラベンダー、マジョラム、サイプレスのブレンドでした。サイプレスは1滴なのでエストロゲン様作用は影響ないでしょうとおっしゃってました。とても気持ちよく 至福の時間が過ごせました。

むくみもよくなってきたので今朝 久しぶりに体重を量ってみました。動きもしないで結構食べていたので期待して体重計に乗ったのですが なんと40キロなかった!これはちょっとショック。生クリーム系とかチョコとかカロリーの高そうなものを食べるようにしているのにね。寝る前にこ腹がすいてお煎餅なんて食べちゃったりしているのにね(笑)太りたいなんてこれまでの人生で一度も思ったことないのに 不思議なものです。

皆様 食べたい時に食べたいものをダイエットなんて 気にしないでバリバリ召し上がってください。人生 いつ 何がおこるかわからないもの〓
[PR]
by mille1007 | 2011-06-17 10:14

ティータイム

a0141062_161178.jpg

携帯からの写真のアップ 上手くいくかしら?緩和ケア病棟には ボランティアさんたちのお茶のサービスがあります。展望のよいサロンで頂くこともできますし お部屋に届けてくださることもできます。病院のお食事の食器とは違う 素敵なカップで頂くだけで優雅な気分になれますものね。今日はコーヒーをいただきました。
[PR]
by mille1007 | 2011-06-10 16:01

週末 帰ります

ここのところ 体調が落ち着いているので土曜日 日曜日と外泊として家に帰ってみようかと思っています。たまたま月曜日主人がお休みでもあるので 帰った具合によっては2泊できるかもしれません。
先生もそのようなことを繰り返し 自信がついて帰れるようになるといいですね とおっしゃってくださいました。

家の中の状態はすべて目をつぶって 家事はせず くつろいできます
[PR]
by mille1007 | 2011-06-10 07:47

緩和ケア病棟から(3)

看護師さんたちがみんな おっしゃることがあるのです。「このお部屋に入るといい香りで毎回 楽しみなの」と。私は気管切開をして以来 香りに鈍くなっています。カニューレにふたをしないと 鼻から空気を吸うことができないので匂わないのです。でも 頂いたバラやハーブの香りを楽しみたいときは指で喉の穴をふさいで思いっきり吸っています。お花があるからか 皆様がハーブをお持ちくださるからか 私がハーブティーを飲んでいるからかなのでしょうか?

先日はキャロリンさんがご自宅のレモングラス レモンバーベナ ミント レモンタイム フェンネルをお持ち下さってフレッシュハーブティーを入れていたら 「このいい香りはなんですか?ナースステーションまでいい香りがしてきて・・・」と看護師さんがお二人お部屋に飛び込んでいらして 私たちがびっくりしたほどでした。

持ってきた手作り化粧品や痛みどめのジェル、マッサージオイルなどにももちろん精油がたっぷり入っているので使う度にお部屋も香っているのでしょうね。
看護師さんたちも緩和ケア病棟の先生も皆様 アロマに興味 関心を持っていらっしゃいます。声が不自由なくでれば一杯教えてあげられたのに と残念です。

先日 婦長さんがいらしておっしゃっいました。
「○○さんのところは毎日 お友達がたくさんいらしていて 看護師一同 みんな驚いているんですよ。しかも 皆様素敵な方ばかりで礼儀正しくて関心しているの。どういうお仲間なの?」と。

そこで多くの方が乳がん経験者であることをお話ししたら だから良くわかって下さっているのね と納得していらっしゃいました。
皆様 お忙しい中 いらして頂き 私も本当に感謝している と婦長さんにお話ししました。

主人も毎日来てくれるし 母もちょくちょく来てくれます。24時間面会OKなので 今晩も9時半ごろ 次男が学校の帰りにマッサージをしに来てくれます。

看護師さんから「お幸せね」と言われました。本当に幸せです。

このブログにコメントしてくださる方からもたくさんの愛を頂いています。

皆様からの愛とパワーをたくさん頂いて元気になりますね。
[PR]
by mille1007 | 2011-06-08 18:10

緩和ケア病棟から(2)

暖かいコメント 本当にありがとうございます。皆様の一言一言に感動しております。こちらに入院してからも 気持ち悪くなったり 息苦しくなったり相変わらずですが 家と違ってすぐに対応して下さるので安心です。毎日 午前中にゆっくりお風呂に入ります。シャンプーだけ 看護師さんに手伝ってもらいます。お風呂の中は素敵なBGMが流れているんですよ。酸素吸入をしながらの入浴ですが体が温まりリラックスタイムです。ゆっくり汗がひくのを待ちながら着替えがすむころ お昼のお善を持ってきてくださいます。
幸せなことですね。 午後 お見舞いに来てくださるお友達は皆様 背中をマッサージしてくださったりむくんだ腕をさすってくださったり 至れり尽くせりのお優しさで 私も遠慮もなくご好意におもいっきり甘えてしまってます。細やかなお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。
週末ですが 外泊で家に帰ろうと思えないのは やはり病院のほうが楽で安心だからかな。もうしばらくゆっくりします。
[PR]
by mille1007 | 2011-06-04 19:44

緩和ケア病棟から

昨日 入院いたしました。緩和ケア病棟はすべて個室。床は絨毯敷です。ラッキーなことに無料のお部屋に入れました。緩和ケア病棟の先生は「私たちは追い出すことも引き止めることもしません。こちらで十分休養して自信がついたらお帰りください。外泊 外出もいつでもできます」と。とりあえず むくみをとるために利尿剤を使うこと 息苦しさをとり気力がでるようステロイド剤を使うことにしました。短時間の点滴でします。フロアーには談話室が2つ ボランティアの方がお茶をサービスしてくださる景色のよいラウンジもあります。家族が泊まれるお部屋も3部屋 用意されています。面会は24時間OK。看護師さんたちも親切で優しいです。お部屋は11階でスカイツリーが正面に見えます。こちらにきてから なぜか食欲がでてきました。お料理としてはおうちのほうが美味しいはずなのですが。そんなわけで おかげさまで元気にしております。皆様からのメッセージにパワーを頂いています。ありがとうございます。
[PR]
by mille1007 | 2011-05-31 18:13

明日 退院予定です

ゴールデンウイークのせいか入院患者は少なく何となく静かな病院です。乳腺の病棟の4人部屋に3人で入っていましたが 術後 ドレーンがとれてお二人は順番に退院なさいました。術前化学療法のときからの顔見知りだったようで 会話がはずんでました。一人は60代独身 もう一人は50代で子供は反抗期 ご主人ともあまりうまくいってない様子の方でした。二人の会話を聞くでもなく子守歌がわりにうとうと耳に入ってきます。お友達に話してないらしく お見舞い客はいらっしゃっいません。手術と退院の日にそれぞれご兄弟とご主人がいらしただけでした。

それに比べて私のところには毎日お友達がたくさんいらして下さって 連休中ということもあって家族も頻繁にきてくれていました。窓辺は綺麗なお花でいっぱいになり 華やかでした。60代の方が退院する前の夜 初めてゆっくりおしゃべりができました。私はスッゴいキャリアウーマンで部下たちがお見舞いにきているのかしら?〜と思っていたようです。私はフツーの専業主婦でいらして下さっているのは皆 お友達、そしてその大半が乳がんを経験しているお友達であると話したら大変 驚いていらっしゃっいました。
病気になってから 日本中にたくさんの素敵なお友達ができたこと、趣味などを通して生活が豊かになったこと、家族ぐるみで旅行に行くなど楽しみが増えたことなどをお話ししました。60代の方はネットはできないけど 自分も積極的に患者会などに参加してみてお友達を作る努力をしてみるわ とおっしゃってくださいました。

たくさんの患者会やイベントがありますがそこに一回 行きさえすれば 気のあったお友達ができるか と言われれば やはりそれは難しいですよね。そう考えると 私はこんなにもたくさんの良いお友達に恵まれなんと幸せなことかと思います。
皆様との出会いとたくさんの愛に心から感謝です!
[PR]
by mille1007 | 2011-05-08 11:16