ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2011年 05月 05日 ( 2 )

気管支切開

結局 手術が始まったのは夕方でした。局部麻酔なので声が聞こえます。若い耳鼻科の先生たちのせいか手こずって時間ばかりかかります。ベテランの先生呼んできて早いとこ やってよ!!と言いたいところでした。後から聞いた話しでは首に放射線をかけたところだったので癒着がひどく手こずったそうです。気管に穴をあけ カニューレという器具をとりつけました。鼻呼吸ではなく 気管の穴から直接呼吸をすることになりました。声を出すこともできず 香りを感じることもできない! なんということでしょう。その晩チコママとキャロちゃんが駆け付けてくださり キャロちゃんから器具を変えれば声も出るし 香りも嗅ぐことができるからと励まして頂きました。

それから1週間は筆談の日々。お食事はゆっくりですが普通に頂けます。ネブライザーで加湿をしてタンを吸引するという作業を一日 数回行います。また 退院してからも自分でできるように練習しなくてはなりません。緊急時にそなえて 家族もできるよう練習します。機械や備品のメンテナンスの方法も教わりました。いや〜 生きて行くために面倒な作業が増えてしまいました。

1週間してしゃべれる器具に交換しました。声はなんとか出るのですがその分息苦しさがあります。ふたの部分をとれば声はでませんが息は楽になります。様子を見ながら慣れていくしかありませんね。

来週月曜日退院の予定です。もし軽井沢に行っていたら危なかったと言われました。また連休中に何かあっても耳鼻科の医師が休みなので迅速な対応はとれなかったであろう とも言われました。ラッキーだったということなのでしょう。

ご心配おかけしている皆様に近況報告をさせていだだきました。
[PR]
by mille1007 | 2011-05-05 17:53

緊急事態

更新もなくまた猫目さんのブログをご覧になってご心配頂いたりもしておりますので 病院より慣れない携帯によるアップを致します。
4月22日 Ruban Roseの仲間たちとアロマテラピーの講習会の打ち合わせとハーブティー詰めを楽しくやっておりました。皆様私にお気遣いくださり お昼寝タイム付きでゆったりペースの作業でした。声もでるようになったし講習の一部が担当できるかもね などとお話しするぐらい元気だったのです。
連休には軽井沢へ行く予定もしてました。

翌日の朝 声がまた出にくくなっていました。突然どうして?とも思いましたが 在宅医療の先生の往診でも しばらく様子を見てくださいとのことでしたのでさほど気にせずにおりました。

翌日曜日はイースター、久しぶりに教会に行くことを楽しみにしてましたがやはり声がでないので大事をとって家にいました。

25日月曜日は病院の日。主人に休みをとってもらい一緒にいきました。
乳腺の先生は片側の声帯に麻痺があることはわかっているし声がでないといってもそこそこでているし問題はないと思うので 軽井沢楽しんできてね とおっしゃってくださいました。

次に放射線科に行きましたら 一応耳鼻科に診てもらったほうがよい とすぐに耳鼻科に連絡をとってくださいました。耳鼻科で診てもらうと両側の声帯が麻痺し わずかな気道のスペースしか空いておらずいつ窒息しても不思議ではない非常に危険な状態であると言われてしまいました。その場で緊急入院が決まり車椅子で病室に運ばれました。手術室が空いたら気管切開の手術をするというのです。あまりの急なことの成り行きに面食らうばかりでした。
[PR]
by mille1007 | 2011-05-05 17:05