ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

インフルエンザ対策

いつの時代も流行り病は人々を苦しめてきました。
今のような薬がない時代、人々は植物の力を借りて身を守っていました。


中世 ヨーロッパでペストが流行ったとき、教会などの多くの人が集まる場所には
床の上に ラベンダーやローズマリー、タイムなどのハーブを敷き詰め、人々が歩くたびに
香りがたって それによって感染が広まるのを予防していたそうです。


身分の高い方たちは 外出の際、ハーブの花束、タッジーマッジーを持ち歩き、身を守っていたそうです。



ペストで壊滅状態の村に 盗賊が入り 荒稼ぎをし、その後 捕まり どうして感染しなかったのか、と問われました。


盗賊たちは ローズマリー、タイム、ラベンダー、セージといったハーブを酢に漬け込み、それを全身にぬりまくっていたのです。

この盗賊の酢、の逸話は有名ですね。



また ラベンダー油を常時 使っていた なめし皮職人は ペストに感染しなかった、というお話もあります。




植物の芳香成分は 想像以上に 抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用があります。


今年の春 新型インフルエンザが流行り始めた頃 ドラッグストアからマスクが消え、消毒用のハンドジェルも売り切れ状態になりました。

その時にアロマを使ったハンドジェルを作りました。





電車のつり革や ドアノブなど 手に付いたウイルスが 鼻、口、目を通して体に侵入してくるということですが外出先などでは そう 頻繁に手を洗える状況でない場合もありますよね。

そうした時に このジェルを持っていると安心です。



一般的に 抗ウイルス作用のある精油というと ペパーミントやユーカリなどの酸化物の精油を思いうかべますが フェノール類、芳香族アルデヒド類の精油は 酸化物の精油の2倍 抗ウイルス力があります。



フェノール類の精油とは クローブ、オレガノ、タイム,芳香族アルデヒド類は シナモンカッシア です


インフルエンザ対策ハンドクリアジェル


材料



アロエジェル     大匙2
クローブ        2滴
タイム         2滴
シナモンカッシア   4滴
ペパーミント      5滴
ユーカリラディアタ   5滴
ローズマリー     8滴
パルマローザ     2滴
ラベンダー       4滴
消毒用アルコール   50cc
精製水         100cc
アルギン酸ナトリウム 適宜



作り方



① ビーカーにアロエジェルを入れる。
② ①に精油を加え よく混ぜる。
③ 20ccほどの 精製水を加え アルギン酸ナトリウムを入れ 好みのとろみをつける。
④ ポンプ式の容器に③を入れ、残りの精製水、消毒用アルコールを加え よく混ぜる。



a0141062_22532233.jpg





このハンドジェル 効果優先で香りはちょっときついです。


その後 日本アロマ環境協会のアロマテラピー学雑誌の論文に抗インフルエンザウイルス作用があるとして発表されていた精油のブレンドがあります。


それはユーカリ・ラディアタ、ティートリー、ローズウッド、ニアウリCT1,ラベンサラです。


こちらは爽やかな香りになります。


無水エタノールと精製水でスプレーを作り マスクにシュシュするのもよいでしょう。

無水エタノールに精油を溶かし 加湿器の水の中に入れておくと部屋全体がクリーンになります。
(加湿器の機種によってご注意ください)

私はハンドクリームを作り 外出する時の化粧ポーチに入れて外出先で手を洗うたびクリームをつけています。


今年は インフルエンザ対策で皆 石鹸で手をしっかり洗う回数が多いため 手あれでお悩みの方も多いそうです。
手の保湿を守るとともに 抗ウィルス作用があれば一石二鳥ですものね。



材料

精製水    7ml
ミツロウ    2.2g
シアバター  5g
ホホバオイル 15ml
ユーカリラディアタ  1滴
ティートリー      1滴
ローズウッド      1滴
ニアウリ        1滴
ラベンサラ       2滴

ビーカー        2個


作り方

① ビーカーにオイルを入れる。
② ①にミツロウ、シアバターを入れる。
③ 新たなビーカーに精製水を入れる。
④ ②と③を湯煎して ミツロウが溶けたら ②に③を少しずつ入れて攪拌する。
⑤ 粗熱がとれたら精油を加える。


ビーカーがなかったら耐熱の容器でも大丈夫です。




a0141062_2325245.jpg



シアバターはお土産で頂いたロクシタンのシアバターを使いました。




神戸のある学校の先生はアロマテラピーに興味があり 毎日 お教室でティートリーの香りを焚いていたそうです。
次々と学級閉鎖が続く中、その先生のクラスだけは感染者がいなかったとか・・・・


精油はお高いので全てをそろえることは大変です。

まずは ティートリー一本でも十分効果がありそうですね。





にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

    ↑
ご訪問ありがとうございます。応援クリックして頂けると嬉しいです
[PR]
by mille1007 | 2009-11-25 23:32 | aroma de 元気