ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フランキンセンス保湿ローション

先日 イギリス在住のお友達が 日本の友人からニールズヤードのフランキンセンスの保湿クリームがとても良いのだけれど 日本で買うとお高いので買ってほしいと言われたとおっしゃってました。
実際 彼女が買って使ってみるとなかなかの優れもの、とのこと。イギリスで買えば半額ぐらいで買えるそうです。

日本で買うと 50gで7000円ちかくするのです。

11月はじめに銀座プランタンでアロマテラピーフェアが開催されたとき ニールズヤードのコーナーに行ってどんなものか確かめようと思いました。

しかし 店員さんがおっしゃるには すでに完売!! 他のものとセットになったトライアルキットが最後の1つだけ 残っているとのコト・・・・今なら 限定 ネロリの美容液も付いてますと・・・・
最後の1つとか 限定とかに心動かされない女性っているでしょうか・・・・
もちろん 買いました。2100円なんだもの。

しかし・・・ 5000円以上 御買い上げの方には もれなく フランキンセンスローションもついてくる、と。

お友達と協力し合い 合計1万円になるようにして 2人で1本ずつ フランキンセンスローションをしっかり頂いて帰りました。


トライアルに入っていたフランキンセンスの保湿クリームもおまけのローションも確かに良さそうです。

↓にも書きましたようにフランキンセンスは波動の高い精油でもあり この精油で病気がよくなたというお話も聞いていたので お肌にも体にも心にもよいのならと しっかり活用するしかないですよね!!

一緒にお友達も 風邪をこじらせて抗ヒスタミン剤を飲んでいたら 肌が乾燥してがさがさになって困っていたところに そのローションをつけたら とっても良かったと喜んでいました。


ニールズヤードの定員さんがおっしゃっていました。

イギリスで世界中の有名ブランドの化粧品100種を集め 顔の半分だけそれぞれの製品を塗って3ヶ月ほどたったときの肌の状態を競う「ミラクルエイジングクリームブラインドテスト」で このフランキンセンスのクリームは3位をとったそうです。それ以来のベストセラー商品ですと。


そのときは ほぉ~~と感心して帰ってきたのですが 別のお友達から 「じゃ、一位はなんだったの?」と聞かれ 聞いてこなかったぁ~~と反省を致しました。


と 前置きが長くなりましたが ローションのうしろの 小さな小さな字で書かれている成分を目をしばしばさせながら読んで 似たよう~~な物を作りました。


材料

乳化ワックス 小さじ2
ホホバオイル 15ml
スィートアーモンドオイル 10ml
小麦胚芽油、セントジョーンズワートオィル 合わせて5ml
グリセリン  少々
ヒアルロン酸 少々
アルギン酸ナトリウム  少々
精製水  200ml
フランキンセンス  20滴
ミルラ          5滴
ネロリ          5滴
ローズ         5滴


作り方

① オイル類を計量し乳化ワックスと一緒に大きめのガラスの容器に入れる。
② 精製水を200ml計量する。
③ ①と②を湯煎する
④ ①の乳化ワックスが溶けたら精製水を少しずつ加え かき混ぜる。
⑤ 好みの濃度をアルギン酸ナトリウムでつける。
⑥ グリセリン、ヒアルロン酸を加える。
⑦ 粗熱がとれたら精油を加える。



a0141062_1225858.jpg



中央がおまけのフランキンセンスローション 右がトライアルの中の保湿クリーム。


自分で作ったこのローション、こ~~~んなにしっとりしちゃっていいの???というぐらい しっとりするのです。(自画自賛??)

本当はこのローションを作ったあと 保湿クリームを作る予定でしたが もうクリームなんていらないよぅ というぐらい しっとりしっとりするのです。


レシピの中のセントジョンーズワートオイル、ヒアルロン酸 ニールズヤードの成分の中には入っていませんでしたが 勝手に加えました。

セントジョンズワート(西洋オトギリソウ)は 夏以来 マイブームなので・・・・
ですので これがなくても 全然OKです。

寒くなって肌の乾燥が気になる季節となりました。

良かったらお試しください。
[PR]
by mille1007 | 2009-11-16 12:11 | aroma de きれい!