ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アロマテラピーとは

日本アロマ環境協会ではアロマテラピーを次のように定義しています。


アロマテラピーとは植物のエッセンシャルオイルを用いて

① リラクセーションやリフレッシュなど香りを楽しむ
② 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
③ 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す役割を担う もので

ホリスティックな観点から美と健康を増進するために人間が生み出した自然療法である。




また アロマテラピーで用いるエッセンシャルオイルとは 日本語で精油と言われるものですが これは植物の葉、花、実、樹皮、根、樹脂などから抽出した天然の素材で 有効成分を高濃度に含んだ揮発性の方向物質と 定義されています。


つまり 植物の香りのエッセンスだけを ぎゅっと集めたようなものです。
ほとんどの精油は水蒸気蒸留法という方法で作られます。

例えば ラベンダー

フランスやイギリスなどで育てられたラベンダーの花穂を摘み取り 大きなお釜のようなものに入れ、水蒸気を通します。油胞に含まれている成分を蒸気とともに取り出し、その蒸気を冷却管に通して冷すことにより液化した精油が上のほうに浮きます。それを分離して取り出したものが精油です。
下にたまった水はラベンダーウォーターという芳香蒸留水です。ラベンダーの精油を1kg採るためには ラベンダーの花が160kgも必要となります。
これがローズの精油となりますと 同じ1kgをとるのに4トンもの薔薇の花が必要になります。

お店で売られているものは10ml前後で小さな遮光ビンにはいっていますが およそ1000円ぐらいから高いものは何万円もしますが しっかり管理された畑で育てられ 摘み取られて精油になっていくわけですからお値段も納得です。

間違っても お土産屋さんや100円ショップで売られているような 合成のオイルを使ったりしないでください。効果が得られない上 皮膚のトラブルになることもあります。

精油はよく売れているお店(専門店や百貨店など)で 信用のおけるメーカーのものを購入してください。

便利なことにネットでも買うことができますが 同じメーカーの同じ精油でも その年の気候や天候によって植物の香りが微妙に違ってくることもありますので まずはショップでご自分の好きな香りのメーカーのものを見つけてみることをおすすめします。


ご自分のだ~~い好きな香りをみつけるのも素敵なことだと思いません??


a0141062_17554438.gif

[PR]
by mille1007 | 2009-11-14 17:56 | アロマテラピーの基礎知識