ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

在宅酸素


前に区に介護保険を申請しましたら三月末に「要介護1」と認定されました。

要介護1ですと 月に16万5800円のサービス支給がされます。

私の場合 電動ベッドを借りました。平に寝ているより少し頭が上がっているほうが呼吸が楽な時があるので・・・

このレンタル料が介護保険を使って自分での負担が1割となります。

あと訪問診療を始めたのですが その時に訪問看護といって看護師さんだけが様子を見に来てくださることがあるのですが その時の介護保険が利用できて1割負担です。

訪問診療で先生が見える場合は 医療なので介護保険ではなくいつもの健康保険となります。


この先 お風呂がに取っ手がほしい、というような場合にも介護保険が使えます。


私としては 家事代行みたいなことが頼めたらありがたいと思ったのですが 家族がいる場合はそれは無理だそうです。一人暮らしのお年寄りならOKなのね。


先日 在宅酸素といっておうちで酸素を作れる機械を取り入れました。
お部屋の空気を機械が取り入れて酸素を作ってだすというものです。常時使ってもいいし、苦しくなったときだけ使ってもいいし使い方はご自由にと 主治医から言われました。
鼻につけて お風呂にもそのまま入れるので ずいぶん楽になりました。今まではシャンプーするとき かなり息切れをしていたので。


寝ているときも濃度を下げてつけていると朝までゆっくり熟睡できるようになりました。

緩和ケアってこういった意味でやはりとてもありがたいことだったのですね。
緩和病棟に入院することだけが緩和ケアではなく いまある困った症状を何とかしてくれるのが緩和ケアのお役目なのです。

主治医にも 基本的には家で過ごしたい!!と伝えてあります。

なので通院も今までは週1回だったのが一か月に一度になりました。
その代りに 訪問医療の先生をご紹介くださったのです。

主治医と連携をとりながら 在宅医療専門のドクターが往診してくださいます。
365日24時間体制なので 何かあったときでも すぐに来てくださるので安心です。


苦しくなった時の酸素もあるし 24時間体制ですぐに来てくださるドクターもいるし 万全の対策をとって生活していれば私はもちろん、家族も安心ですものね。
ありがたいことです。


a0141062_14434979.jpg



酸素を作る機械って結構大きいのです。

これとは別に外出時にがらがらひっぱっていくショッピングカートみたいなボンベ式のものもあります。
良くお年寄りが鼻に管をいれてひきながら歩いているのをみかけますよね。。。





今日もご訪問ありがとうございました。

応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2011-04-06 14:48 | dairy