ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

親子のあり方

お友達の息子さん

アパートの一人暮らしから久しぶりに帰ってきて 風邪ぎみだったので ネギやニンニクなどのお料理を食べて、とすすめたら「うるせぇんだよ、だから一緒に飯食うの いやなんだ」と。

23歳にもなってこんなこと言うのよ!! たかがネギすすめただけなのに・・・と彼女。

母親の祈りは息子に届かないのでしょうか。。。。



お友達のお知り合いの息子さん

何を言っても「うるせぃんだよ、くそばばぁ」と反抗しまくっていたのに今は資格を取って
父親の会社に入り 父を助け見違えるようないい息子さんになったそうな。


我が家の息子も同じような時期がありました。

思い出すのも嫌なほどの数々の出来事がありました。

その息子たちも 社会人。

社会の荒波にもまれて いかに自分が甘かったか 実感しているようです。
彼らなりに 少しずつ成長しているのでしょう。


この前の日曜日のミサのときの 聖書の言葉、これが 親子関係をみごとにピタっとまとめているのです。


キリスト誕生前の旧約聖書の言葉です。



シラ書

主は子に対する権威を父に授け
子が母の判断に従う義務を定めておられる。
父をと尊べば お前にの罪は償われ
同じく 母を敬えば 富を蓄える。
父を尊べば いつの日か 子供たちがお前を幸せにしてくれる。

主は必ず 祈りを聞き入れてくださる。
父を敬うものは 長寿に恵まれ
主に従うものは 母を安心させる。

子よ 年老いた父親の面倒を見よ。
生きている間 彼を悲しませてはならない。
たとえ彼の物覚えが鈍くなっても 思いやりの気持ちを持て。
自分が活力にあふれているからといって 彼を軽蔑してはならない。

主は父親に対するお前の心遣いを忘れず
罪を取り消し お前をさらに高めてくださる。



こらが紀元前200年ころに書かれたとは驚きです。

これだけの短い文章の中に親に対する考え方がすべて凝縮されているように思います。
拡大コピーして 息子の部屋に貼りたいぐらいです。^^



今日 これから長男が(たぶん たくさんの洗濯物とともに)帰ってきます。
今晩は飲み会、明日はゴルフだそうです。

次男はカウントダウンライブとかで昨日から家にいません。(明日の夜中 帰るそうです・・)


でも 31日、1日は家族で大晦日と新年を迎えられそうです。

今年は大掃除もお節作りも最小限にして ゆっくりと年の瀬を過ごすつもりです。





今日もご訪問ありがとうございます。

応援クリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2010-12-29 11:21 | dairy