ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

飲む点滴


先月の日経新聞に下記のような記事が掲載されました。




江戸時代、甘酒(炊いたご飯に米こうじと湯を加え、一夜保温しておくと、翌朝甘い飲み物にになる)は主に夏に飲まれた。その理由は、甘酒には大量のビタミン類、アミノ酸類が含まれていて、現代の医療に当てはめてみると、栄養補給の点滴と同じであるあらだ。
 江戸時代、夏の厳しい暑さに老人や子供たちは体衰弱し、夏を越せない人も少なくなかった。そんな時、一杯の甘酒は弱った体に活力を付けていたのである。江戸や大坂市中には、夏になると甘酒屋が「甘酒~え、甘酒~え」と声を張り上げて売り歩いていたことは「守貞漫稿」(もりさだまんこう)という古文書に記述されている。
 そのため、今でも俳句の季語辞典を見ると甘酒は、夏の季語となっている。とにかく甘酒は、夏バテ対策にはとても良いので、この発酵仮面こと我が輩は夏になると自分で甘酒をつくって飲んでいる。
 先ずデパートなどの自然食品売り場に行って米こうじを買ってくる。その米こうじを茶わん1杯分に対してご飯3杯分、お湯(6℃ぐらい)7杯分を加えて混ぜ合わせ、これを保温器(電気炊飯器のようなもの)で、55℃~60℃に保ち1晩(大体6時間~8時間)置く。すると翌朝には、とても甘くてトロトロに溶け合った甘酒が出来るから、これを冷蔵庫に入れて冷やし、ぐっと冷えたところでいただくのである。自分でつくるのが面倒だったり、保温器がなかったりするときは、今では夏でも街で甘酒が売られているので、それを買ってきて冷やして飲むのもよい。
 さて、冷蔵庫に入れておいた我が輩流のその甘酒は、もう十分に冷えたので、それを透明のガラスコップに移して飲むことにした。コップに移された甘酒は全体が白色で、真っ白い米こうじの粒が全体に浮いていて、なんだか「ホワイトパールドリンク」ってな名前を付けたいほどの美しさである。
 そのコップの甘酒を口に含んで飲んだ。すると一瞬口の中はサーッと冷えて、次に何秒か間を置いてから、甘酒特有の甘ったるい匂いや、こうじ香と呼ばれる少し清清(すがすが)しいミルキーっぽい匂いなどが鼻孔からスーッと抜けてきた。そして口の中には、甘酒のとても甘い味と上品な米のうま味とがトロリトロリと広がっていき、口中が甘美に溢(あふ)れて耽美な世界になっていった。それを静かにコピリンコ、トロリンコと飲み込んで、またふた口目を口に含んでじっくりと賞味した。
 また、冷蔵庫の製氷室から氷を取り出し、それを細かく砕いてコップに入れ、そこに甘酒を入れてシャーベット状にして飲んだが、こちらはさらに涼味を呼んで、甘酒の常識をくつがえす味わいだった。


「日本経済新聞 7月27日号より」





この記事を書いた小泉武夫さんは 甘酒のことをこのようにおっしゃってます。



甘酒には、ブドウ糖が20%以上含まれ、人間が生きていくために不可欠なビタミン類が豊富に含まれている。
麹菌(こうじきん)が繁殖するときに、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビ
チオンなど、すべての天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に溶出されている。
まさに甘酒は、総合ビタミンドリンクである。最近はビタミンCなどのサプリメントが化学合成で安
く作られ売られているが、天然型に比べると吸収率が悪く、あまり頼りすぎない方がよい。それに比
べて甘酒の天然型ビタミンの吸収率は90%以上と言われている。
また甘酒は天然の必須アミノ酸を最も多く含む飲物で、病院でよく行われる点滴は、ブドウ糖溶液
とビタミン溶液とアミノ酸溶液を血管から補給するもので、これと同様の効果が得られる。まさに、
甘酒は、「飲む点滴」である。



江戸時代のお金持ちはウナギで庶民は甘酒で夏バテを防いでいたそうです。


甘酒・・・あまり好きではないのですが 「総合ビタミンドリンク」とか「飲む点滴」なんて言われると 好き、嫌いなんていってられず 飲むしかないよね!!とお友達と話がまとまり それ以来
甘酒に凝っています。


寒い時期はスーパーなどでも見かけるのですが 今の時期は限られているようです。

お友達は米麹を買ってきて ご夫妻で炊飯器で甘酒を作ってくれました。

研究熱心な彼女の旦那様はネットで調べてお取り寄せも。。。


a0141062_1034081.jpg




甘酒 飲み比べ・・・・まだまだ続きそうです。。。。







今日は 暑さのピークとか・・・・
東京でも36度の予報。。。。

今朝 夏バテのろうそくに気が付きました。


a0141062_10283795.jpg




修復不可能ね。。。。

ここまでバテるとは・・・・


こうならないように 甘酒パワーで頑張りたいと思います。



今日もご訪問ありがとうございました。

それぞれのバーナーにクリックしていただけると嬉しいです。

ハーブと乳がんの架け橋になれますように・・・


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2010-08-16 10:05 | 耳寄り情報