ハーブやアロマテラピーで元気に美しく歳を重ねていきましょう


by mille1007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新 エストロゲン様作用のある精油

乳がん等でホルモン療法をしているときは エストロゲン様作用のある精油は使わないようにと以前 書いたことがあります。こちら


こちらにあげているエストロゲン様作用のある精油は 私が乳がんになった10年前の資料で調べたものでした。


10年の間に精油の研究も進んでいてナードアロマテラピーが編集しているケモタイプ精油事典の最新バージョンでは エストロゲン様作用のある精油としてあげらているのは

アニス、クラリセージ、サイプレス、スターアニス、ニアウリCT1,フェンネル


この6種類だけとなっています。

セージやジャーマンカモマイルが抜けていることにびっくりいたしました。


アロマもハーブもアンテナをたてて常に新しい情報を仕入れなければいけないことを改めて実感した思いです。



そしてよく勘違いするのが ゼラニウムの精油。

ゼラニウムの精油はホルモン調整作用はありますがエストロゲン様作用はありません。


家○画○の6月号にも’更年期の植物テラピーと’いう特集がされているのですが その中でゼラニウムには女性ホルモン様作用があるという記述があるのですが メディカルアロマテラピーの師匠に伺ったところ ゼラニウムにエストロゲン様作用はない、との確認をとりました。


また エストロゲン様作用のある精油でも 香りをかぐだけであれば問題ありません。マッサージオイル等で皮膚からの吸収をするときのみに注意が必要になります。



ホルモン療法等をしていらっしゃらない方はエストロゲン様作用のある精油を取り入れることで上手に更年期を過ごせることと思います。


香りをかいだときに とってもよい香り、と感じることが その精油が必要か否か判断する一つの基準、ご自分の鼻を信じて 今 必要な香りを生活に取り入れてみましょう。




a0141062_8261197.jpg








今日もご訪問ありがとうございます。応援クリック感謝です。

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
[PR]
by mille1007 | 2010-06-09 08:28 | ピンクリボン